HOME > トピックス一覧 > トピックス

トピックス一覧

トピックス一覧へ

2011年度日本粉末冶金工業会会賞受賞

当社は、多数の応募の中から選出され、平成23年度粉末冶金工業会賞において
以下の4件について受賞することができましたので、ご紹介させていただきます。

 

可変バルブタイミング機構用スラストプレートの開発

■新製品賞・デザイン部門

 本製品は、自動車の燃費向上や排気ガスのクリーン化を目的とした可変バルブタイミング機構に使用される部品です。
 可変バルブタイミング機構のスラストプレートは平板タイプで、通常はコスト的に有利な板金が採用されることが多いのですが、ハウジング組付け面のシール性向上のための平面度、回転方向の位置決め精度向上のための端面部へのロックピン穴の形状付与、機構の作動力及びスピードを制御する調整スプリング固定用溝の形状付与などの高付加価値化で焼結化に成功しました。

 

自動車用シートリクライニング部品のネットシェイプ化

■新製品賞・デザイン部門

 本製品は、自動車シートリクライニングのダイヤル式で角度調整を行う機構に組み込まれる部品です。
  この部品は、リクライニング時の荷重を製品側面に受けるため、硬さと角度調節時のフィーリング確保のための側面形状と平滑さが重要です。従来は引抜き成形により製造されていましたが、焼結品の特徴を活かしたネットシェイプ化とバレル工法の開発により、再圧縮、機械加工なしで焼結化に成功しました。
  本開発の結果、従来工法を上回る平滑さと実現し、コストダウンと角度調節時のフィーリングが改善されました。

 

グローバル対応が可能なフューエルポンプ用耐食軸受材料

■新製品賞・材質部門

 本材料は、自動車用の燃料供給システムを構成するフューエルポンプ用モータに使用されている軸受として適用された軸受材料です。
  近年の自動車市場の新興国での急速な発展とグローバル化に伴い、腐食性の高い硫黄や有機酸などの不純物を高濃度で含有するガソリンを使用している国や地域があります。
  今回、銅-ニッケル系材をベースとし、材料組成、製造条件の最適化を行い、一つの国や地域を問わずに優れた耐食性と軸受性能を発揮する軸受材料を開発しました。 実機耐久テストにおいても優れた耐食性、耐摩耗性、軸受性能を示し、十分な耐久性も発揮した為、グローバル対応可能な耐食軸受材料として採用されました。

 

樹脂インサートに好適な焼結軸受の製造方法

■新製品賞・製法開発部門

 本製法は、モータ等の樹脂ハウジングにインサート成形される焼結軸受に必要な回転及びスラスト方向の脱落防止形状を機械加工レスで付与する製法です。
 通常は、コスト高となる機械加工等で溝を形成しますが、当社は、長年培ってきた製造技術により、機械加工レスで独自の脱落防止形状を付与する技術を開発致しました。
 この結果、樹脂インサート成形される軸受として、大幅なコストダウンが図れる為、多用途において採用されております。

このページのトップへ